キャリぷらのブログ「全員正解」

キャリぷらスタッフのお仕事奮闘記。仕事は誰でも必ずできる!意識高くなくていいから仕事ができる社会人を目指します。

終わりの始まり

こんにちは!キャリぷらスタッフのゆうまです。

 

3月も半分が終わりましたね。

3月は、学生であれば卒業や進級があり、社会人なら昇進や異動があったり、新たに新入社員が入社してきたり、後輩や部下ができたりする変化の多い月ですよね。

実は、そんな私も今回のブログをもって更新が最後になります。

卒業です!!!

 

毎週金曜日のブログの更新を楽しみにしていただいているファンの皆さんには申し訳ありませんが。

卒業です!!!!

 

この数カ月は本当に自分の無力さを知る期間でした。

給料をいただきながら、勉強させていただくことばかりで役に立てることはなにもありませんでした。本当に申し訳ない気持ちと感謝の気持ちで胸がいっぱいです。ハト胸になっています。かなり膨らんでいます。膨らませながらブログを作成しています。

ですので、卒業です!と書きましたが、卒業ではありません。
卒業とは学び終えること修め終えることですから、まったくの真逆、その正反対ですね。


思い起こせばたなべあーと出会ったのは8年前で、当時の私は就職活動を全くしておらず、バイトをしていたサッカーのコーチを就職先として考えていました。

しかし、とある理由により企業への就職が必須となったことから就職活動を開始しました。

そこでたなべあーと出会いました。それが最初の出会いで、とても印象的だったことを今でも覚えています。

それから無事企業に就職できた私は、大学卒業後キャリぷらや、たなべあーがSNSなどで発信している情報を遠目で見ていました。

キャリぷらを利用していた学生であれば皆そうかもしれませんが、何か切れない縁みたいなものを感じながらSNSの投稿をシェアしたりチェックしていました。

そんな中ふとしたきっかけでキャリぷらの一員として働く機会をもらえた私でしたが、最後まで力になることができませんでした。

いや、正確には「最後まで自分自身と向き合うことができなかった」と言うほうが正しいかもしれません。

 

たなべあーには「学生時代からお前のことを知っている。仕事ができないことも。ただ仕事ができないのであれば、できない人なりの仕事をする方法があるからそれをすればいい。」と言われていましたが、それができなかったのです。

「自分的には頑張りました!!」「前向きに取り組みました!!」と思う気持ちもありますが、今思えば問題だったのはこの「自分的には」という感覚だったのかもしれません。

これもたなべあーから教えてもらった自分の特徴の一つですが、私は主観がかなり強くて、相手から言われた言葉も自分自身が感じたように理解してしまいます。

極端な例をだせば、相手から「嫌いです」と言われても「あー照れてるだけやなこれは。本当の気持ちは伝わっているよ。ベイベー。はーと」みたいになります。

私の変態的な部分が垣間見えますが、そうなんです。
一事が万事そんな感じです。

昔から人間関係の距離感を間違えては先輩や上司に怒られたことは山ほどあります。チョモランマです。

でも、「昔から自分に起きていたそんないろんなことがなぜ起きていたのか」が、キャリぷらで働くようになってよくわかった気がします。

そんな自分勝手な思い込みや行動が仕事をできなくさせる一番の問題だったのかと思います。

そして、この自分自身の特徴はそう簡単に治りません。といううか治らないと思います。それでも自分はそんな変態野郎だと知り、向き合うことが大事だと知りました。

それができれば、どんな場所で、どんな状況でも円滑に仕事ができるのだと思います!!!頑張れ!自分!!ファイト!

 

私は今日をもってキャリぷらを卒業しますが、今回のブログのタイトルのように終わりがあれば、また始まりがあります。

みなさんもこの3月で新たな出会いや別れがあると思いますが、各々の場所で頑張ってください!



最後になりますが、たなべあー、てんちゃんはじめキャリぷらスタッフのみなさま、
キャリぷらで働いた期間出会ったみなさま、本当にお世話になりました。

ありがとうございました!

 

 

就活相談・ES(エントリーシート)添削・模擬面接・人事とも話せて全部無料!大阪・東京で就活するなら「キャリぷら」