キャリぷらのブログ「全員正解」

キャリぷらスタッフのお仕事奮闘記。仕事は誰でも必ずできる!意識高くなくていいから仕事ができる社会人を目指します。

フォレスト・ガンプは凄かった

キャサリン・リー・てんです。
略してビックママです。

みなさんは「フォレスト・ガンプ/一期一会」を観たことありますか?
私は、以前からたなべあーやスタッフえつこに、
すごくいい映画だから観たほうがいいといわれていましたが、
今まで観たことがありませんでした。
それをついに新オフィスにてたなべあーとスタッフえつこの3人で鑑賞しました!

映画が終わった瞬間に、
たなべあーとスタッフえつこは、
「やっぱりフォレストガンプは名作やなあ~。」と一言。

私は正直、「・・・・・・。」という感じでした。
たなべあーから感想を聞かれましたが、
私には正直映画の内容はよくわからなかったです。
でも心の中はぶああああとした気持ちでいっぱいで、
ひたすら涙が止まりませんでした。

なぜ泣けてくるのかはわかりませんが、
ただただ涙が止まりませんでした。

そんな私にたなべあーから一言、
「多分ガンプもそんな感じなんやで。」と言われました。

これも正直よくわかりませんでした(笑)
でも私は昔からガンプに似ている部分があるといわれます。
それは映画を観ていてよく分かりました。
例えば、代表選手に選ばれた時に、
今の気持ちは?と大統領に聞かれた時に、
「トイレに行きたいです!」と答えたシーンなど、
私もそんな感じだなあと思いましたw

また、「ガンプは走って」とジェニーに言われて、ひたすら走るなど。
私もたなべあーから走れ!と言われたら、勢いよく走ってますw

あと、ガンプはバカだと言われますが、何がバカなのかあまり分かりませんでした。
ガンプにとっての普通は私にとっても普通なことでした。

ただ、ガンプは私と違って、
言われたことを疑ったり迷ったりネガティブに考えたりすることなく、
やり続けることが出来ます。
でも私は出来ていません。

「走れ」と言われて走り続けるガンプ。
「明るく元気にせい」と言われてもやり続けてる最中で、あれ?
なんかおかしくない?というふうに途中で止めてしまう私。

自分のことをバカだと知っても、ネガティブにならずひたすら前向きに取り組むガンプ。
自分のことをバカだと知るたびに、ネガティブに捉えて動きを止める私。

この差で代表に選ばれたり勲章を貰えることができるかできないかに繋がるんだなと考えさせられました。

この映画を観て本当によかったです。
まだ観てない人はぜひみてください!!
※ちなみに私は2つのことが同時にできないので吹き替え版で観ましたが、
絶対字幕の方が良いとのことですw

また来週からがんばりますっ!!