キャリぷらのブログ「全員正解」

キャリぷらスタッフのお仕事奮闘記。仕事は誰でも必ずできる!意識高くなくていいから仕事ができる社会人を目指します。

本当に能力不足?努力不足なだけじゃなくて?

こんにちは。えつこです。

先日たなべあーが、スタッフ向けに社内の業務連絡グループに共有した内容をまずは紹介させてもらいます。

 

言われてないことを自分なりに考えてやってみる、
ってのができないと仕事ができるようにはならん。

言われたことができる、
ってだけじゃこれからはなんの市場価値もない人になるよ。

にも関わらず、それどころか、
言われたことができない、
ってのはもうどうしようもない。

言われたことができるかできないか、
とか、
いつもやると決まってること、

つまりルーティーンができるとかできないか、

ってのはただの努力不足。

そこには能力すら必要ない。
ただの努力不足な。

 

「アホなんやからしょうがない。まずはできないことを受け入れるんや。そのうえで私はアホでーす!とバカになれ」というようなことをたなべあーはよく言います。

だからといって、『そのままでいい』わけではないのです。

 

たなべあーが社内に向けてこのメッセージを送ったのは、ルーティーン業務を誰もやらなかったことがきっかけでした。

 

「仕事ができるようになりたい」と全員思っています。

予想以上に自分の能力が低く、そのことについて日々苦しみ悩んでいます。

でも、「やろうと思えば誰でもできること」や、「それをしようとする努力」を、疎かにしてしまっているだけ、ということが多々あります。

 

ここまで書いて思いましたけども、だから仕事ができないのではないでしょうか。

決まっていること・当たり前のことができないのは、能力が高いとか低いの問題ではなく、やるかやらないかです。

それをやっていないわけですから、「言われていないことを自分なりに考えてやってみる」というように、これからの時代に社会から求められる「付加価値の高い仕事」は、到底できるようになりませんよね。

 

自分への自戒の意味を込めて書いたので、内容が辛辣になってしまい申し訳ありません。最近「能力」と「努力」に対する考えが曖昧になり、努力不足な部分を自分に感じていました。

改めて気持ちを引き締め、2020年頑張りたいと思います!