キャリぷらのブログ「全員正解」

キャリぷらスタッフのお仕事奮闘記。仕事は誰でも必ずできる!意識高くなくていいから仕事ができる社会人を目指します。

敬語はむずかしいよ

 
こんばんは!
ちひろです。
 
 
突然ですけど、敬語って難しいですよね。
 
丁寧語・尊敬語・謙譲語、
英語では必要ないのに、
日本語ってなんでこんなに面倒なの〜。
って学生時代は思っていました。
 
それでも社会人になると、
敬語を使わないわけにはいかないので、
ネットで調べたり、
先輩が使っている言い回しを見様見真似で使ったり、
少しずつレパートリーを増やしていきました。
 
 
 
でも最近は違う側面での、敬語の難しさを知りました。
それは、「相手によって適切な言葉遣い(敬語)を使い分ける」ということ。
 
 
 
ある日、たなべあーからのメッセージに、
「承知しました!!」と元気よく返信したら、
「かたいかたい。w 承知せんでええ。」と言われました。
 
その後にキャリぷらスタッフのえつこさんから、
「これだけ近い関係性なのに、『承知しました!』とか使うと、
 あなたとは距離おいてますよーという意思表示になってしまうからね。
 関係性に合わせた適切な言葉遣いを意識してみてね。」
とアドバイスをもらいました。
 
 
な、なるほど。
相手との関係性に合わせた適切な言葉遣いか...。
 
確かに私は、
自分より年上の人に対しては、
最敬礼の敬語を使わないといけない!
と、思っていました。
(大は小を兼ねるといいますし...苦笑)
 
それに加えて、
私は尊敬度合いの低い敬語から、最敬礼の敬語まで、
一つ一つの敬語度合いについて理解せずに使っていました。
 
 
これでは、言葉の意味が消えてしまい、
もはや敬語ではなくなっていますよね。
 
 
確かにすっごい仲の良い後輩に、
「承知しました!」「かしこまりました!」とか言われると、
(あれ...なんか寂しいなあ。)(気持ちわるう。)
って、思います。
 
 
しっかりと相手との距離感と言葉の意味を理解した上で、
適した言葉遣いをするように、心がけていきます!