キャリぷらのブログ「全員正解」

キャリぷらスタッフのお仕事奮闘記。仕事は誰でも必ずできる!意識高くなくていいから仕事ができる社会人を目指します。

言いなりにならない

言いなりになる人は仕事ができません。

 

社内・社外含め、人の言いなりになる人は仕事に支障が出ます。

なぜなら、言いなりになるとこちらが損をするケースが多いからです。

個人のプライベートの生活であれば、損をするのは自分だけですが、仕事となれば会社が損をしてしまいます。

 

例えば何か相手と調整することがあれば、相手の希望とこちらの希望をテーブルの上に並べ、お互い納得のいく案が出るまで話し合う必要があります。

ただ、言いなりの人は、相手の希望を全て受け入れてしまいます。しかし、こちらの事情も必ず何かしらあるはずなので、つまり損をしてしまいます。

 

また、言いなりになってしまう理由はこの2つだと考えてました。

 ① 言いにくいことが言えない

 ② 何も考えていない

 

①について、気が弱い、自信がない、など理由は様々ですが、言いにくいことが言えない人は実は少なくありません。特に学生を見ているとよく思います。例えば面接でも、「相手に勘違いされている気がする」と思うシーンがあっても、それを正さずになすがまま・・・。結果不合格になる、というパターンは毎年少なくありません。

 

②について、例えば取引先から何かお願いをされた時、それをYESと答えるとどうなるか考えていないパターン等です。相手がなぜそう言っているのか、YESと答えた場合にそれは今後の関係性にどう響くか、社内でどのような調整が必要になるか、あまり考えてられていないということです。

取引先から何かお願いをされてYESと答えた場合に、言いなりになってYESと答えた後、実は結果的に相手にも損をさせてしまうことはあります。そして相手から不満を持たれてしまうのです。

お願いされてYESと答えたのに、結果的に相手から不満を持たれてしまうということです。お互いにとって何もいいことはありませんよね。

 

なので、仕事をしていくのであれば、言いなりになってはいけない、ということですね。私も気を付けます。

 

今週のブログは以上です。また来週!