キャリぷらのブログ「全員正解」

キャリぷらスタッフのお仕事奮闘記。仕事は誰でも必ずできる!意識高くなくていいから仕事ができる社会人を目指します。

相手の伝えたいことを100パーセント理解する

こんばんは。
キャリぷら学生スタッフのちさです。

突然ですが、皆さんは目の前にいる相手が言っていることを100パーセント理解できていますか?

私はキャリぷらで働き始めて、たなべあーに
「お前は物事を大まかに捉えすぎている」

と言われました。

それまで、自分では気が付いていなかったのですが、

たなべあーに言われてから、自分自身でも確かにそうだ、と感じることが幾度となくあります。

 

例えば、

相手が伝えたいであろう内容のだいたい80パーセントくらいの内容を理解したところで

こういうことが言いたいんだ、と頭の中で決めつけてしまいます。

そのあとに入ってくる情報は、私が頭の中で決めつけた内容に合っているか、を

照らし合わせるだけで、より深く理解しようとする姿勢は無いのです。
それに、80パーセントの理解で

わかりました!と話を終えてしまったり、次の議題に進んでしまったりします。

それは私のせっかちな性格が出てしまっているのかもしれません。

効率よくどんどん仕事を片付けていきたい想いが強いんです。笑

 

実際は残りの20パーセントは理解できていないわけで、

そこから勘違いや仕事上のミスが起こるのは目に見えていますよね。

実際に仕事を進めながら、

「あれ?これってどういうことだっけ?」

と理解できていなかった部分を発見する理由がこれだったのだと

今なら分かります。

 

また、その残りの20パーセントを理解しないと

商談や打ち合わせで相手の要望にしっかりと答えていくことはできません。

 

相手の言っていることを100パーセント理解するためには、

頭の中で相手の伝えたいであろうことを大まかに捉え決めつけるのはやめて、

相手に質問していくことで理解を深めていくことが必要なのだと感じています。

さらに、自分自身が誰かに何かを伝える時にも

この伝え方で相手が100パーセント理解できているのか、を考えながら話すことが重要です。

そうすれば常に相手を理解し、相手に理解される対話力が

身に付いてくるのではないか、と日々実践中です。

 

相手の伝えたいことを100パーセント理解できているか?

なんて今まで考えてもなかったので、

たなべあーに私ができていなかったことを教えてもらえただけで本当に感謝です!!!

これからも日々奮闘します。