全員正解

社会人6年目と3年目の若手社員奮闘記。仕事を通じて得た学びをときにたなべあーの言葉を引用しながら綴ります。「生きてきた道」を「生きてく力」に変えるブログです。

とにかく我慢が大事

f:id:careerplatform:20190615165906j:image

 

みなさんこんにちは。

私は考えるのに時間がかかるし、日本語がめちゃくちゃなので、

書くことを放棄していましたが、どんどん書いて練習しようと思います!

 

本題ですが、

私は「我慢が足らんねん。」と叱られることが多いです。

 

というのも、

私は人よりもCPUが小さく、できることも少ないです。

なので普通の人が5分でできるようなことも、1時間かかります。

という状態だと、仕事の成果に与えるダメージは強烈にでかいです。

でかいからこそ、「今」自分ができることを最大限やらないといけないです。

できないことを嫌がって落ち込んでいる場合ではないんです。

たなべあーも「できることをとにかくやり続けていたら、できひんこともできるようになる。ティッピングポイントは必ず来るしそれまでは我慢してやり続けないとあかん。

」とよく言います。

「ほんまかな?」と思いながらも、必死にやっていますが、

なかなか成果には繋がらないです。本当になかなかつながらないです。

だから、途中で嫌になって我慢が足らず途中でやらなあかんことをやめたりします。

私はそのたびに「我慢が足らん。」と叱られます。 

そして、たなべあーの過去のFacebookの投稿記事を読んでさらに、

私は「我慢が足らん。」と思いました。

 

ーーーーーーーーーー

私をはぐくんでくれたこの街に、今また座って考えている

この先どうなるかなんていう保証などどこにもなく、でもこの先こうなるという自信だけはある。

ただ暗く長いだけのトンネルに見えて、でもその先は必ず出口に繋がっているという確信がある。
 

私は知っている。

闇の中で踏みしめる一歩は、目の前だけを見ればなんとも不確かで心もとないけれど、意志の力でその先を見据えて踏み出せば未来を拓く確かな一歩となることを。

いつも頼りになるのは自分自身の決意と覚悟で、やることはいたってシンプルだ。

一歩ずつ前にその足を出し続けること。

そしてその歩みを止めないこと。

どんなに難しいことよりも、そんな簡単なことがいつも一番役に立つ。

あのときも、そしてまた今も。

そんな昔の記憶が刻まれたこの街に、今また座って考えている。

これまでのこと。

いまのこと。

そして、これからのことを考えている。