全員正解

社会人6年目と3年目の若手社員奮闘記。仕事を通じて得た学びをときにたなべあーの言葉を引用しながら綴ります。「生きてきた道」を「生きてく力」に変えるブログです。

全ては捉え方次第

こんにちは。えつこです。

みなさん、べあぶろはご存知ですか?たなべあーが過去にFacebookで投稿した内容がここで見ることができます。

career-platform.com

 

昨日ふと、べあぶろをだーーーっと読んでたんですけど、一番よく出てきた言葉が「捉え方」でした。

捉え方次第で全てはうまくいく、という意味でたなべあーは言っています。

 

たなべあーがよく学生に言う話のひとつに、

「仕事なんておもんないねん」

という話があります。

 

仕事自体はただの仕事、そこにあるのは「おもしろい」わけでも、「おもしろくない」わけでもない。

それを「おもしろく」やるも、「おもしろくなく」やるも、それは自分次第だということ。

「おもしろい」仕事になるか、「おもしろくない」仕事になるかは、自分の捉え方と取り組み方次第で決まる。

ということです。

 

 

生きていると、うまくいかないことはたくさんあると思います。

その壁に対して、前向きに捉えることができるかがポイントだと思います。

 

その困難と向き合い、自責で考え、目の前のことに前向きに取り組んでいく、

ことができれば、乗り越えられる壁はたくさんあるのではないでしょうか。

 

 

 

 

ちなみに、捉え方を変えることが難しいのは、思い込みが激しい人だと思います。私も思い込み激しいので苦労してます(笑)

 

そんなとき、「ものごとは常に多面的」だとたなべあーから教えてもらったことを思い出すようにしています。

 

人は自分が見えてる世界で生きているのですが、自分が見えないところで、いろーーーーーんなことが起きています。

すぐに決め付けるのではなく、「もしかしたらこういう事情があるのかも?」「もしかしたらこんなことが起きてたのかも?」と考えることで、視野が広がります。

モノゴトを見る際の枠組み、要は「フレーム」を外すイメージです。

フレームを外して視野が広がると、捉え方も変わるのではないでしょうか?

たったそれだけで人生が楽しくなり、人間関係もうまくいくのは私も経験済みです。

 

昔はよく「この人はこうだ!」と考える節がありました。

例えば部活でいうと、「自主練習をしない人はやる気がない」と決めつけ、やる気がない人とは練習したくないと考えていました。

でも相手にどういう事情があるか私は分かっていません。

もっと会話をして、相手の考えを聞いて、私が多面的に物事を考えることができていれば、と今では思います。

 

 

なんだか抽象的な話になってしまいましたが、なんとなくイメージしていただけましたか?

 

 

みなさんもぜひ、捉え方について一度見直してみてください♪

 

えつこ

 

 

f:id:careerplatform:20171014110908j:plain